ホーム > 総合研究活動事業(概要)

 

概要

メコン河とチャオプラヤ河は、アジア南東部インドシナ半島を流れる主要河川です。この流域では、河川がもたらす豊かな自然環境や多様な恵みに支えられた人々の暮らしが古くから営まれてきました。しかし、近年の急激な経済開発等により、その自然環境は大きく変化しており、生物多様性の低下が進行しています。メコンオオナマズなど、すでに絶滅の危機に瀕している生物も少なくありません。流域に暮らす住民は自然資源に大きく依存した生活をしており、彼らの伝統的生活もまた存続が危惧されています。今後もダム建設等による環境の激変が予想されており、その保全や持続可能な利用に向け、流域の生物相の現状を把握するなど早急な対策をとることが求められています。

総合研究・活動事業では、メコン-チャオプラヤ河流域の自然環境保全への貢献を目指し、インドシナ半島4 カ国(タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム)の現地研究機関や市民・学生グループと協力して、様々な活動を実施しています。本事業の第一期(平成18 年度から22 年度)では、同地域の二次的自然環境の保全とワイズユースを目指し、自然環境を保全するために必要な科学的知識の集積や保全活動を実施しました。これらの活動を通して、現地人材の育成や能力向上、技術移転等にも取り組んでいました。平成23 年度からは、対象流域の生物多様性保全とワイズユースを目指し、5カ年計画で同事業第二期を開始しました。第一期で得られた成果の発信、成果を活用した普及啓発活動の実施、地域コミュニティーを介した保全活動モデルの確立、国際機関との連携を進め、対象流域の自然環境保全を目指しています。

 

 

ページトップ

総合研究活動事業

 

長尾自然環境財団
〒130-0022
東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
TEL : 03-6659-2070
FAX : 03-6659-2272