ホーム > 人材養成事業(概要)

 

概要

自然環境や生態系に係わる諸問題への対策を講じるためには、自然科学分野の知識や基礎的情報に加え、それらの情報を収集、分析、整備できる人材が必要です。しかし、アジア・太平洋諸国の開発途上国において、このような人材は十分とはいえず、また自然環境保全の分野に興味があっても経済的な理由により就学が困難な学生も多いのが現状です。

人材養成事業では、対象国において、自国の大学および大学院で自然環境保全に関連する分野を学ぶ学生に奨学金を支給することにより、勉学の機会を提供し、将来の自然環境保全に貢献できる現地人材の養成を目指しています。平成16年度からは大学における勉学だけでなく、現地の学生が実際に野外に出て自然環境保全に関する経験を積むための活動も支援しています。

これらの事業は、インドネシア、ラオス、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジア各国協力機関の支援を得て実施しています。なお、インドネシアとフィリピンにおいては、新規の採用をしていません。

 

人材養成実績(年度別の奨学生数、事業額)

年度 奨学生数(人) 事業額(万円)
2015 233 1,183
2014 235 961
2013 286 1,285
2012 349 1,716
2011 385 2,025

 

1991年度からの全データ(PDF 109KB)

 

 

 

ページトップ

 

長尾自然環境財団
〒130-0022
東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
TEL : 03-6659-2070
FAX : 03-6659-2272