ホーム > 総合研究活動事業(概要 > ベトナム自然環境保全プロジェク(概要)

 

ベトナム自然環境保全プロジェクト(概要)

ベトナム北部の高山地帯は石灰岩が優占するカルスト地形で、土地利用の変化などの人間活動に脆弱です。しかしこの地域では、生物相をはじめ自然環境に関する基礎的な研究がほとんどありません。そこで当財団では、ベトナム国立大学自然資源・環境中央研究所(CRES)とベトナム科学技術アカデミー生態・生物資源研究所(VAST/ IEBR)の研究者を中心とした本プロジェクトを平成30(2018)年度から令和3(2021)年度にかけて実施しました。

本プロジェクトの目的は、この地域の自然環境保全に資するため、生物多様性など自然生態系に関する科学的理解を深め、成果に基づく政策提言を行うことです。さらに、大学院生など若手研究者のプロジェクト参加を通しての研究力向上も目的としています。

本プロジェクトは、生物分類群に対応する8つの生物系グループ、リモートセンシング・地理情報システム(RS・GIS)グループ、社会科学グループの10グループで構成され、研究代表者とコーディネーターはCRESの研究者、チーフアドバイザーとアドバイザリーボードは当財団スタッフが務めました。調査対象は、北部4州に所在する、Cham Chu自然保護区(Tuyen Quang州)、Bac Me自然保護区(Ha Giang州)、Phia Oac-Phia Den国立公園(Cao Bang州)、Nam Xuan Lac自然保護区(Bac Kan州)です。

野外調査はCOVID-19の影響を受けながらも、Nam Xuan Lac自然保護区以外ではほぼ予定通り行われました。 生物系グループが調査地で確認した各生物群の種数について、Cham Chu自然保護区の例をあげると、哺乳類58種、鳥類130種、魚類62種、両生類39種、爬虫類22種、昆虫類189種、植物1089種、土壌無脊椎動物176種、大型無脊椎動物54種に及んでいます。プロジェクト終了後の令和3(2021)年7月現在、生物系グループは調査で確認した動植物に関わる論文13編を学術雑誌に発表し、社会科学グループは4調査地を対象に住民の世帯別生計レベルと生物多様性への意識との関連性を分析した論文を学術雑誌に投稿し受理されており、RS・GISグループはCham Chu自然保護区を対象に航空写真と衛星画像を活用して行った森林面積等の土地被覆の時系列分析の結果と、住民の世帯レベルでの生計と土地利用との関係の変化から政策提言用論文のドラフトを作成し公表しています。

令和4(2022)年7月現在、本プロジェクトのグループごとの研究成果のとりまとめを進めています。

 

 

ページトップ

総合研究活動事業

 

長尾自然環境財団
〒130-0021
東京都墨田区緑4丁目20-9
TEL : 03-6659-2070
FAX : 03-6659-2272